なまずえ学童について

鯰江学童は、大阪市から認可を受け、父母が主体となって運営している施設です。
1977年に誕生して約38年間、働くお父さん、お母さん、そして子どもたちの毎日の生活を支えています。
学童に通う各家庭からの保育料と、大阪市からの運営費補助で運営しています。また、年に数回バザー等を実施して資金面を補っています。
保護者みんなで協力して運営しているので、大変なところはありますが、子どもたちの成長に立ち会うことができ、自分たちの思い描く学童保育所をつくることができる柔軟性がありますので、学童保育所の運営を通して、別の角度から我が子を改めて見つめなおすことができます。

鯰江学童は、単に子どもを預かるだけの施設ではなく、子どもが毎日帰る場所であり、異年齢の仲間とともに楽しい時間を過ごす場所です。
毎日、指導員という大人と過ごすので安全です。しかも、子どもが日々成長していくのが実感できる場所です。
鯰江学童では、子どもたち1人1人の性格、家庭事情、関心事などに個別に注意を払い、きめ細かい保育をします。
その様子は、毎月の父母会や日々のお迎えの際に、各家庭にお知らせます。
 

なまずえ学童の場所と対象校区

大阪市営地下鉄、長堀鶴見緑地線・今里筋線の蒲生四丁目駅からすぐのところにあります。
詳しくは、こちらのページでご確認ください。
鯰江小学校、成育小学校、聖賢小学校(第二寝屋川より北にお住いの方)、榎並小学校が対象校区です。
※2015年度は、榎並小学校から通っているお友達はいません。
  聖賢小学校区で第二寝屋川より南にお住まいの方は「さくらキッズクラブ」の対象校区となります。
 

保育料と保育時間について

保育料と保育時間については、こちらのページでご確認ください。
 

指導員の先生について

指導員の先生は、子どもの人数に対してきちんと目が行き届く指導員の人数を考え、しっかり配置しています。
常勤の指導員は、小学校教諭の免許を持っています。その他、アルバイト指導員が数名在籍しており、平成27年度は児童数32名に対して原則3名(常勤指導員1名+アルバイト指導員2名)の体制で保育を行っています。
また、国及び大阪市が定める基準に適合するよう、常時2名以上の指導員を配置し、そのうち少なくとも1名は、小学校教諭資格保有者、保育士資格保有者、一定期間の指導員経験年数経過者などの資格要件を満たす指導員としています。
※平成27年4月1日現在の体制です。
子どもたちの話を良く聞いて、時には厳しく、時にはやさしく、あるときは、母親として、姉として、友達として、子どもたちと接してもらっています。
 

父母会について

鯰江学童は、父母が主体となって運営している施設です。
毎月1回土曜日の夕方に1時間から2時間程度で父母会を行い、原則として毎回出席していただきます。
父母会では、普段の子どもたちの様子を共有したり、行事の内容検討・係り決めなどを行います。
また、学童の運営について要望があれば、皆で議論して、子どもたちにとって、父母にとって、より良い学童とすることを目指していきます。
 

新1年生の保育について

申し込みがあれば、保育所、幼稚園の卒園日の翌日から保育します。
また、入学後1ヶ月間(4月)は毎日指導員が学校の正門近くまでお迎えに行き、各小学校から学童までの下校指導をします。
詳しくは、こちらのページでご確認ください。
 

ページの上部へ

会員専用ページ

カウンター

TOTAL
TODAY
YESTERDAY