学童での生活

1日の過ごし方は、おおよそこのような流れです。

 
 
 

登所について

学校の授業が終わり次第、同じ学校の同じ学年のお友達と一緒に学童へ登所します。
登所したら標準服(制服)から私服に着替えて過ごします。
入学後1ヶ月間(4月)は毎日指導員が学校の正門近くまでお迎えに行き、各小学校から学童までの下校指導をします。
詳しくは、こちらのページでご確認ください。
 

宿題について

鯰江学童では、登所して着替えたら、まず宿題をするように習慣付けています。
子ども同士で教えあう姿もよく見られます。
分からないところは指導員に聞くこともできます。
本読みの宿題などおうちの方と一緒にするもの以外は、学童で済ませていますので、帰宅後の家庭での時間にもゆとりがうまれます。
※下校時間や習い事の都合で時間がないこともありますので、ご家庭での再確認をお願いします。
 

自由遊びについて

伝承遊びを中心に、いろいろな遊びに取り組んでいます。
他校区や他学年の子ども同士が、遊びの中で深い絆を築いています。
子ども達は様々な遊びを通してすぐに仲良しになります。

室内遊び ケン玉、コマ、カードゲーム、オセロ、チェス などで遊んでいます。
ルールを知らない一年生も上級生から丁寧に教えてもらっています。
ほかにも子ども達の成長に適したボードゲームやパズル、折り紙、ブロックなど、バラエティに富んだおもちゃを用意しています。
室外遊び 公園での遊び、一輪車、竹馬、縄跳び、おにごっこ、ドッジボールなどで遊んでいます。
雨の日以外は毎日のように、すぐ近くの外の公園へ遊びにいきます。
夏休みなど丸一日を学童で過ごす日は、指導員とともに公園に蝉取りに行ったり、鶴見緑地まで出かけたりもします。

 

おやつについて

育ち盛りの子どもにとって、おやつは成長に必要なカロリーを摂取するためにとても大切です。
鯰江学童では、毎日おやつが出ます。
毎月「108円おやつの日」があり、ひとり108円の予算で商店街の駄菓子屋へみんなで出かけます。
まだ計算ができない一年生は、上級生に計算を手伝ってもらいながら買い物を楽しんでいます。
 

お弁当について

土曜日や長期休暇期間中のお昼ごはんは、契約している業者からお弁当を購入しますので、父母はお弁当作りに悩むことがありません。
子どもたちの9割以上が利用しています。
 

習い事について

保育時間の途中に、習い事などによる欠席・早帰り・途中抜けをしていただくことも可能です。
指導員による送迎は行っていませんが、指導員が時間・曜日を把握して声かけ等の配慮を行っています。
学童の隣に公文教室あり、たくさんのお友達が利用しています。
そのほか、スイミングスクール、空手などの習い事をしている子もたくさんいます。
 

帰宅について

帰宅はお迎えが原則です。
延長保育につきましては、こちらのページでご確認ください。
 

ページの上部へ

会員専用ページ

カウンター

TOTAL
TODAY
YESTERDAY